トップコラム一覧 > 高密着カバーで美肌加工を叶えるコンシーラー

高密着カバーで美肌加工を叶えるコンシーラー

2019.5.4

クマにくすみにニキビ跡やニキビ!いつもちゃんとケアしていても、なかなか消えない肌の『影』。

みなさんにもありませんか?

“隠したい”の気持ちでファンデーションをしっかり塗るとメイクも濃くなり、引き出したい肌のツヤだって失われがち。ナチュラルメイクに見せたい時ほど、隠すところはしっかりコンシーラーで隠して、ファンデーションを塗りすぎないというのも大切なコツですよね。

肌に馴染みやすいイエローベース

今回紹介するこちら

VT ブイティ
CICA REDNESS
SPOT CONCEALER
VTコンシーラーCR

色は01ライトベージュ(左)と02ナチュラルベージュの2色展開。

色白さんは01を、普通の肌~健康的な肌色の方は02がオススメです。アジア人の肌色に合いやすく、赤みを消したり、くすみを明るく見せやすいイエローベースなので、どんな悩みにも使いやすいのがイイですね。

崩れにくくヨレにくい、悩みを隠す高密着カバー

滑らかでクリーミーなテクスチャーながら、肌にピタっとくっついてヨレにくく崩れにくいのも見逃せないポイント。フィット&フィックスパウダーがインで汗や皮脂による密着力の低下を防ぎます。私は小鼻まわりのくすみをとばすためによく使用しています。

肌の鎮静と保護をしてくれるのも嬉しい

ツボクサエキス、センテラ4Xコンプレックス、グリーンプロポリス抽出物を組み合わせたVTの独自成分『シカリオ』を配合。悩みがあるからこそ使いたいコンシーラー、より肌に負担になるものは、やはりちょっと付けたくなかったりもしますよね。
また発酵豆、柳、スベリヒユ、ニッキ、ヒノキ、オレガノでからなる、植物性複合コンプレックスの“ナチュラルプロテクター”もイン。隠すだけでなく、疲れたお肌を鎮静して健やかな肌に導いてくれるのって嬉しいですよね。

カンタン♡おすすめの使い方3選!

①コンシーラーを使うタイミング
ご存知の方も多いとは思いますが、下地→“コンシーラー”→ファンデの順番が基本の使い方。気になるくすみやニキビ跡になじませてからファンデーションを塗るようにすればOK。

②肌全体を美肌にみせるテクニック

“部分かくし”のイメージが強いコンシーラーですが、使い方によっては肌全体のトーンアップ&美肌見せも叶えられます!
下地を塗ってから目の下から頬骨の位置までがっつり塗って、馴染ませていきます。

スポンジで塗ると、より早く馴染ませやすいです。

くすみやクマが強い場合は、自分の肌色よりもワントーン明るめを塗ってあげると◎。

肌全体がキレイに見えるコツは目の下から頬骨の位置までがツヤっぽく明るく仕上がっていること。ここをしっかり作りこんでおくだけで美肌に見えやすいのです!

③ナチュラルなハイライトとしての使用
下地→コンシーラー→ファンデーションの使用が基本ですが、肌を明るくハイライトの効果を期待するならファンデーションを塗った後に、肌よりワントーン明るい色を鼻筋や眉山、唇の山の上に仕込んであげるのもオススメ。

主張しすぎず、ナチュラルにハイライト効果が得ることができますよ。

厚塗り感なく、しっかり肌のアラを隠してくれるコンシーラー。みなさんもぜひ使ってみてくださいね。

この記事で紹介した商品

Ayako

Ayako

32歳 | 乾燥肌

楽しく面白く読めて、気になる人気韓国コスメの“ぶっちゃけそこのところどうなの!?”を解決する、ちょっとだけタメになる!美容情報お伝えします!

https://ameblo.jp/ayacosmeholic

記事一覧